胆石とは何か、症状と原因は何か

胆石とは

胆石を発症した人を実際に目撃したことがありますが、余りの痛さで転げまわるようでした。 食事をすると脂肪やたんぱく質の消化を促進させる「胆汁」という消化液が十二指腸に送られます。

胆汁は、肝臓で作られて胆管という管を通り胆嚢に送られて濃縮されています。食事をして食物が体の中に入ると、胆嚢は収縮して胆汁を胆管を通して十二指腸へ送り出します。この時、胆汁の成分が胆管の中で固まってしまい結石という状態になります。

それができるという原因は、はっきりしていません。日本人の8%の人が胆石を持っていると言われ、その数は年々増加しています。 原因の一つとして、食生活が欧米化して食事でも脂肪を多く摂取するようになったということが挙げられます。また、昔より健康診断の受診率も増え以前より発見され易くなったことも事実です。その結果、痛みのない胆石や、初期の小さなものでも発見されることが多くなりました。

年代別では、中高年で多く発症し、男性より女性の方が多く発症するようです。 特に40歳以上の太った女性で多く発症している傾向があります。胆石には、肥満・過食・ストレス・不規則な食事など生活習慣などが影響していると考えられています。

胆石の症状と原因

胆石は、胆汁が固まって石となったものですが、胆嚢の中の他に胆管の中にもできます。 この症状は、結石ができた場所により3種類に分けられます。1つめは、胆嚢結石と呼ばれているもので胆嚢の中にできるものです。

このタイプの胆石が最も多く、食事の中のコレステロールが原因です。2つめの胆石は、総胆管結石と呼ばれるもので、胆嚢からの胆嚢管と肝臓からの肝管が合流した場所にできるものです。胆嚢の中にできた結石が総胆管内に流れてきたものです。

特に食事の中のコレステロールが原因ということではなさそうです。3つめは、肝内結石というもので、肝臓内部の胆管にできた結石で、発症率は少ないものです。この病気の特徴は、激しい痛みです。 総胆管結石が最も激しい痛みの症状を訴えます。

総胆管から十二指腸の出口に結石が発生すると、激痛となります。この場合は、黄疸や発熱を伴うこともあります。胆嚢結石と肝内結石は、痛みを伴うことはあまりありません。しかし、胆嚢結石では食事をすると胆嚢が収縮して胆汁を押し出しますが、この時結石も一緒に移動するので「みぞおち」付近に激痛が走ります。

特に、脂っこい食事の後では胆嚢が収縮するので、胆石発作という激痛が起きます。 胆嚢の出口付近に結石が詰まったままになると、細菌が感染し急性胆嚢炎を起こします。胆汁の中のどの成分が固まった胆石かということで、いくつかに分けられています。

食事の中のコレステロールが主成分という胆石は、コレステロール結石と呼ばれます。胆汁には、コレステロールが解けていますが、脂っこい食事でコレステロールが増えてしまうと、解けないで結晶となり結石という状態となるものです。混合石という結石は、主成分は食事の中に含まれているコレステロールですが、それに胆汁の色素と石灰が混じってできた結石です。

ピリルピン石灰石は、胆汁の流れが悪くなり石灰と混じったものです。黒色石という胆石は、食事で摂取したたんぱく質とピリルピンが混じって固まったものです。 胆石全体の中では、コレステロール結石と混合石が8割を占めており、食事の中の脂肪とタンパク質が大きく影響しています。

この病気を発症させないためには、野菜を多く使用したバランスのとれた食事をする習慣と、食事で摂取された脂肪を熱エネルギーに交換する運動も必要といえるでしょう。