発症率の関係は?

チーズの主な成分と取り過ぎ

一般的にチーズは栄養価が優れていると言われており、学校給食でも何らかの形で利用されている食品です。チーズは関係があるのでしょうか。イタリア料理などでは、ふんだんに使用されており、とても栄養価の高い良い食品と思っていました。 日常でも、パスタなどを食べる機会は多く子供の成長期などには、食事のメニューとして取り入れていたものです。

チーズの成分は何かということですが、ゴーダチーズの場合で見てみると、脂肪が25%、たんぱく質が25%、水分が45%弱、残りがミネラルと炭水化物となっています。 問題となってくるのが脂肪とタンパク質です。

チーズの中の脂肪とタンパク質のコレステロールが、「コレステロール胆石」を結石する要因の一つとなっていきます。健康にも良い食品として、また手ごろに食べられるので、食事に取り入れられていることが多いいものですが、適量を守らない食べ方をすると発症しやすくしてしまいます。

チーズを取り入れても胆石になりにくい食事

健康には欠かせない栄養素を含んでいるのでを上手く取り入れた食事はどんなものになるのでしょう。全然食べなくても体に不調をきたしてしまうので、適量を上手く食べながら胆石を発症させないのが一番です。

そして、野菜やビタミンCやEを含んだ果物類は、結石の原因となる胆汁の排せつを促進させてくれるので、かぼちゃや小松菜としらすなどと一緒に使った煮ものや炒め物にして上にチーズを乗せてオーブンで溶かして食べるというものもおもしろいかもしれません。

単品だけを大量に食べるという方法が胆石を発症させる確率が高いようです。