同じメニューであっても発症する場合があります。

胆石を発症するメニュー

結石ができやすい原因は、その献立ですが、食材の中で脂肪やコレステロールを多く含んだ肉料理、バターを使用した献立は、発症率の最大の原因となっています。

胆嚢は肝臓の裏側にある小さな臓器で、肝臓で作られた胆汁を貯めています。 胆汁の成分は、コレステロール・レシチン・ビリルビンなどですが、食事のメニューの中にコレステロールや脂肪を多く含んでしまうと、取り過ぎの状態となり成分の比率が乱れてしまい結晶化してしまいます。

これが結石の約7割を占めている、「コレステロール結石」というものです。 大きさは1センチくらいのものが多いようです。>

胆石を発症させない食事のメニュー

では胆石を発症させないための食事のメニューはどんなものを食べたらよいのでしょう。 脂肪やコレステロールをできるだけ含んでいない食物を摂取することです。 また、魚介類に含まれている「タウリン」という成分は、結石ができていても大きくならないような作用を持つことがわかりました。

食事は、できるだけ肉類を控えて魚介類や野菜中心の食材にすることが大事です。 しかし、全くたんぱく質を取らないでいると逆に結石を大きくさせてしまうということもあるので、3代栄養素をバランスよく取れるメニューが大切です。

また、ビタミンCとEは胆汁酸の排せつを増加させる働きがあるので、体内に胆汁が溜まらないので結石ができにくいという結果も出ています。